ホーム > 理事長ご挨拶

理事長ご挨拶

このたび第4期定時社員総会を経て、一般社団法人社労士成年後見センター東京・理事長に就任いたしました齊藤充弘です。

一般社団法人社労士成年後見センター東京(以下「センター」)は、平成26年4月に設立し、おかげさまをもちまして今年設立4年目を迎えることができました。

センターに所属する社会保険労務士は、成年後見に不可欠な老齢・障害・遺族年金、健康保険、介護保険等の法律に精通する専門家であり、年金相談に対応できる唯一の国家資格者です。

成年後見人等候補者である社会保険労務士は、センターが実施する「後見人養成研修」を修了した者で一定の要件を満たした者です。更に研修修了者は、2年ごとに「後見人更新研修」を受講することにより能力担保を図るなど日々研鑽に努めています。

また、東京都社会保険労務士会の9つの統括支部を基礎とするブロック支部長の皆様方と連携して市区町村、社会福祉協議会、地域包括支援センター等への成年後見人受任活動を積極的に行っているところです。

さて、来年、平成30年は社会保険労務士法が制定され50年を迎えます。全国社会保険労務士会連合会をはじめ、各都道府県の社会保険労務士会では法制定50周年記念事業が予定されており、広く国民から認知される士業としての社会貢献事業として成年後見センターも広くPRされることと思います。当センターも来年は設立5年目の節目を迎えることから、しっかりと組織基盤の強化を図る所存です。

私どもは、成年後見を希望される国民の皆様方に対し、収入に関わらずマスコットキャラクター「らいさ」とともに、国民の皆様の「生きがい」をサポートし、暮らしと財産をお守りいたします。是非、当センター会員をご活用ください。

「一般社団法人社労士成年後見センター東京」へのご連絡を心からお待ちしております。

                                                     一般社団法人社労士成年後見センター東京
理事長  齊藤 充弘

< 一般社団法人社労士成年後見センター東京のご案内へ戻る